帰省時にベビーベッドをレンタルすれば場所見知りもせず独り寝が出来ています

少しお久しぶりです。もうすっかり、次男もお昼寝や19時から明け方までの就寝が出来上がりあまり悩みもなく過ごせています。と言っても、6時過ぎには毎日起きますが・・・・いいんですそのくらいの誤差は。笑

さて、皆さん年末ですが帰省等していますか?その時に、独り寝が上手く行かない!ありません?うちもありました〜〜〜!!だけど、タイトルのようにベビーベッドを借りるようになってから上手く行ってます!

「帰省時にベビーベッドをレンタルすれば場所見知りもせず独り寝が出来ています」の続きを読む…

3歳の子供と赤ちゃんを同時にお風呂に入れる方法

おはようございます。少し久しぶりです。
3歳7ヶ月になった長男、最近はお昼寝なしが増えています。それでも、3歳なりたてくらいの時に比べると、夜に機嫌が悪くなることもなく、体力がかなりついてきたんだなーって思っています。

だけど、早く寝かさないと機嫌は悪くなる(だいたい19時半位にはベットに入って寝ていきます)。なので、そういうときはご飯前にお風呂に入れるようにしています。その他の場合はだいたい次男が寝てから長男と入ります。→1人育児も2人育児も基本は同じ、ママだけで入れるお風呂の方法

「3歳の子供と赤ちゃんを同時にお風呂に入れる方法」の続きを読む…

ジーナ式に必要!睡眠おすすめグッズ

息子が産まれてから、今まで本当に役立ってる必須育児グッズたちを紹介していきます。
ちなみに、息子は寝るときは乳幼児突然死症候群を防ぐためにも、おくるみやスリーピングバッグを使用し、掛け布団は全く使ってません。そして、ベビーベッドで寝かせてます。

なので、ベビーベッドとマットレス等とジーナの本が欠かせないのは置いといて、、笑
それ以外でおすすめなモノを紹介して行きます。 「ジーナ式に必要!睡眠おすすめグッズ」の続きを読む…

1人育児も2人育児も基本は同じ、ママだけで入れるお風呂の方法

第2回オフ会(日曜開催)の募集をしていますので、ぜひご応募ください☆残り3席です。→第2回オフ会開催のお知らせ&募集
また、質問に対するお願いも読んでいただけると幸いです。

今日は、色々なところで良く聞かれる、私なりのワンオペでのお風呂の入れ方を書いてみます。基本は1人育児も2人育児も変わりません。
ジーナ式あまり関係ないかもしれないけど、2人入れるときは少し関係あるかな。

「1人育児も2人育児も基本は同じ、ママだけで入れるお風呂の方法」の続きを読む…

ご機嫌で写真を取るためのスケジュール調整

以前、プレシュスタジオで写真を撮ったという記事を書きました。→プレシュスタジオにてファミリーフォトを撮ってきました☆

ジーナ式をしていると、本当は起きていてご機嫌な時間に写真撮影が一番ありがたい。一番いいのは、14時半の授乳後〜16時半くらいが一番ご機嫌だろうなって思います。でも、移動もあるしなかなかうまくは行かない。今回は、私の場合のスケジュール調整を紹介しようと思います。

「ご機嫌で写真を取るためのスケジュール調整」の続きを読む…

プレシュスタジオにてファミリーフォトを撮ってきました☆

先日、長男の七五三(3歳)と次男のお宮参り(3ヶ月・・・)用を兼ねてファミリーフォトを撮ってきました☆
長男が産まれてから毎年写真を長男の誕生日近辺で撮ってたんですが、3歳は旦那が直前にアキレス腱を切ってしまい延期に・・そして、次男が生まれ・・・ようやく撮ることが出来ました☆

「プレシュスタジオにてファミリーフォトを撮ってきました☆」の続きを読む…

宅配サービスほんとうに便利です。

今、3歳保育園児と2ヶ月の2人育児をしています。家で上の子も見ている人には舐めるなーって言われるかもしれませんが、夕食をその時に作るのは大変。ジーナをしていると、18時〜は次男のお風呂&授乳だし、長男は19時くらいにはお腹が空いてご飯ご飯ってなる。

なので、だいたいは昼間の次男がランチタイム昼寝に入っている時かご機嫌で1人で遊んでいる時に作っています。でもさー、外出とかしてる時もありますよね。そして、この時期は少し作り置きも心配。。なので、最近は宅配を利用し始めてみました!

「宅配サービスほんとうに便利です。」の続きを読む…

生まれてくる赤ちゃんの準備はフィンランドのベイビーボックスで☆

このまえ、会員になっている日経dualを読んでいた時に見つけたこの記事。→フィンランド「ネウボラ」はイクメン育てる場でもある

北欧は本当に育児しやすい国です。会社でもスウェーデンとやり取りをすることが多々有りますが、スウェーデン人は本当に家族思い。というか、家族を大切にすることが当たり前?16時には必ず帰りますし男性も育児にかなり積極的に参加します。日本もいつかはこういう国になってほしい。

「生まれてくる赤ちゃんの準備はフィンランドのベイビーボックスで☆」の続きを読む…